OneKey Appアカウントの凍結残高とは何ですか?

Algorand、Solana、Near、Rippleなどのブロックチェーンには、ユーザーがコインの全額を使い切ることができないというユニークな特徴があります。これは一見制限的に見えますが、これらのプロトコルは特定の理由からこのような措置を実施しています。

この記事では、各ブロックチェーンのアプローチの背後にある個々の理由を探り、それらを結びつける共通の理由を明らかにし、この設計選択とそのユーザーに対する意味をよりよく理解するための情報を提供します。

理由を明らかにする

これらのブロックチェーンの共通点は、ユーザーの自由とネットワークの健全性およびセキュリティのバランスを保つ必要性です。ユーザーに一部の資金をロックアップすることを要求することで、これらのネットワークはスパムや悪意のある活動を抑止し、リソースの効率的な割り当てを保証し、高いパフォーマンスを維持することができます。しかし、このアプローチは、ユーザーがこれらの要件を理解し、自分の残高を効果的に管理する必要があることを意味します。

Algorand

Algorandでは、アカウントはブロックチェーン上に存在するために最低限の残高を維持する必要があります。この要件は、スパムを防ぎ、ネットワークを効率的に保つために設けられています。最低残高は、アカウントのサイズに基づいて計算され、アカウントがAlgorand Standard Assets(ASA)やスマートコントラクトを増やすとサイズが増えます。これは、残高の一部が常にこの要件を満たすために「ロック」されていることを意味します。

Near
Near Protocolにはストレージステーキング(「レンタル」とも呼ばれる)という概念があります。ユーザーは、自分のアカウントとスマートコントラクトがブロックチェーン上で使用するストレージスペースをカバーするために、一定量の$NEARをステーキングする必要があります。これにより、ネットワークリソースが効率的に割り当てられ、スパムが防止されます。ストレージのためにステーキングされた$NEARは、スペースを占めているデータが削除されたり、アカウントが削除されたりしない限り、使用することはできません。
Solana
Solanaは「レンタル」という新しい概念を導入しています。Solanaのアカウントを維持するためには、レンタル料をカバーするために十分な$SOLを保持している必要があります。これは、Solanaが未使用のアカウントのクリーンアップをユーザーに促すことで、高性能で効率的な状態を維持することを目指しているからです。アカウントは、大量の$SOLを預けることでレンタル免除にすることができ、これは基本的に、アカウントが継続的なレンタル料を発生させることなくアクティブであることを保証するために、残高の一部をロックアップします。
Ripple (XRP Ledger)
XRP Ledgerでは、アカウントを作成し維持するためには、最低限の$XRPのリザーブが必要です。このリザーブ要件は、大量のアカウントやトランザクションを作成するコストを上げることで、スパムや悪意のある活動を抑止するために設計されています。最低リザーブはネットワークのガバナンスの決定に基づいて変更することができますが、ユーザーがアカウントを削除しない限り(これは一般的な行為ではありません)、使えない「ロック」された残高として機能します。
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています