OneKeyアプリでデータをバックアップする方法

OneKeyでは、デバイス間でのデータ移行を便利にしながら、お客様のセキュリティを最優先に考えています。iOSユーザーの方にはiCloudを通じたバックアップオプションを、Androidユーザーの方にはGoogleを通じたバックアップソリューションを提供しています。このガイドでは、iOSでのデータバックアッププロセスを説明しますが、両プラットフォームのバックアップ手順は非常に似ています。

バックアッププロセス

  • OneKeyアプリで、下部のメニューバーに移動し、「Menu」オプションを選択します。次に、セキュリティモジュールの下にある「Backup」を見つけます。
  • バックアップ機能はデフォルトでオフになっています。手動で有効にする必要があります。
    • バックアップサービスはAppleのiCloudサービスを利用します。AppleとOneKeyの両方がバックアップデータにアクセスできないことに注意してください。これは、現在のApple IDに安全にリンクされています。
  • バックアップを開始するには、「Back Up to iCloud」を選択します。少し待つと、ウォレットデータとウォッチリストを含むバックアップが完了します。
  • 」を選択すると、バックアップ機能に関する詳細な説明が表示されます。また、バックアップを無効にするオプションもあり、これを選択すると既存のバックアップが自動的に消去されます。

bu1.png

バックアップ管理

  • バックアップ管理セクションでは、バックアップデータのレビューと管理が可能です。
  • Previous Backups」セクションにアクセスすると、Apple IDに関連付けられたバックアップのリストが表示されます。
  • 特定のバックアップを選択すると、バックアップの日付、バックアップデータの内容を表示し、それをインポートするか削除するかのオプションがあります。

bu2.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています