取引の詳細と履歴

異なるブロックチェーンネットワークでは、各取引には取引量、送信および受信アドレス、取引手数料など、さまざまなパラメータが含まれます。これらのパラメータは、ユーザーが取引の内容をよりよく理解するのに役立ちます。ユーザーはOneKey Appで取引の詳細と履歴を表示し、ウォレットアドレスのオンチェーン行動を理解することで、それらのアドレスに関連する資産ダイナミクスをより良く管理できます。

取引パラメータの確認

取引パラメータは、異なるブロックチェーンネットワークによって異なります。ここでは、Ethereumメインネット上のUniswapでのスワッピングを例に使用します。

  • 図1の取引パラメータに基づいて、図2に示される取引を開始しました。
  • 取引には、DAppの詳細(Uniswap)、取引手数料(Fee)、および取引の内容が表示されます。
  • 「Contract Interaction」をクリックして、スマートコントラクトとの具体的なやり取りの内容を確認します。
  • 「Send」をクリックして、暗号資産の予想されるフローを確認します。

his1.png

取引履歴の表示

  • OneKey Appのホームページで、「History」をクリックして取引履歴ページに入ります。
  • データが最新でない場合は、右上の更新ボタンをクリックして最新の取引詳細を取得できます。
  • 任意の取引をクリックして、取引の詳細を表示します。

his2.png

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています