OneKey AppでのRPC(切り替えとカスタマイズ)の設定

RPCは、トランザクションをブロックチェーンに効果的に載せるのに役立つツールであり、安定したRPCは効率を向上させ、トランザクションのセキュリティを保証します。OneKey Appには、誰もが選択できるいくつかの公開RPCが含まれています。このチュートリアルでは、RPCを切り替え、カスタムRPCを追加する方法について説明します。

RPCの切り替え

  • ウォレットページのネットワークアイコンをクリックします。
  • 選択したネットワークの下に、現在のRPC接続品質が表示されます(図2参照)。
  • RPC切り替えページに入り、リストで各RPCの現在のブロック高さ(Height)と応答速度を表示します。
    • ブロック高さ:一般に、高さが高いほど、ノードはより安定し、同期がよりタイムリーです。
    • ノード速度:現在のネットワーク状況に基づいてテストされた応答速度。

ノードを選択するときは、最も高いブロック高さを持つものを優先し、その中から最も迅速に応答するものを選んで、最高のトランザクション体験を得ます。

rpc1.png

カスタムRPC

カスタムRPCの使用経験がある場合、OneKey Appでそれらを設定することもできます。

  • RPC切り替えページで、「ノードを追加」を選択します。
  • ノードサービスプロバイダーから提供されたRPCリンクを入力し、「確認」をクリックします。
  • RPCの設定が完了しました。

rpc2.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています