OneKey Appで暗号資産をスワップおよびブリッジする

OneKeyは他の主要なWeb3チームと協力して、OneKey Appにスワップおよびブリッジ機能を統合し、トークンをスワップしたり、ブロックチェーン間でアセットをブリッジするための最適な価格とルーティングへのユーザーアクセスを強化します。

スワップとブリッジ機能へのアクセス

アセットパネルから「スワップ」機能に簡単にナビゲートするか、ナビゲーションバーの「トレード」オプションを選択してスワップインターフェースにアクセスします。特定のアセットを表示しているときに「スワップ」を選択すると、そのアセットの交換インターフェースに直接移動します。

swap01.png

マーケットオーダーのスワップとブリッジ

スワップとブリッジのインターフェースに入った後、必要に応じて取引を設定します:

  • エリア➊で、スワップやブリッジのための異なるウォレットを切り替えます。
  • エリア➋で、スワップやブリッジのための異なるチェーンや資産を切り替えます。
  • エリア➌で、送信元と送信先の暗号資産を切り替えます。
  • エリア➍のスライダーを使用して、スワップの量を調整します。
  • 下にスクロールして、ネットワークの手数料、ルーティング、スリッページなど、今後のスワップパラメータをプレビューして調整するためにパラメータを展開できます。

swap02.png

  • スワップの履歴を表示するには、スワップが完了した後に右上の角をクリックします。
  • スワップレコードを展開すると、詳細が表示されます。

swap03.png

リミットオーダーのスワップ

リミットオーダーにより、目標価格でスワップを実行できます。現在、リミットオーダースワップはEthereumメインネット、BSC、Polygonでサポートされています。今後の更新については、OneKey Appの更新とお知らせにご注目ください。リミットオーダーを設定する例は以下の通りです:

USDC/USDTのレートが1.01であるが、0.99でUSDCをUSDTにスワップしたい場合、リミットオーダーセクションで目標価格を0.99に設定します。価格が0.99に達すると、自動的にスワップが実行されます。

リミットオーダーの設定方法

  • スワップ用のソース暗号資産の量を指定します。
  • エリア➊で目標価格を設定し、送信先の暗号資産の量が動的に更新されます。
  • エリア➋で、指値注文の有効期間を定義します。期間は10分から30日までです。
  • 注文を置く」を押して続行します。
  • 進行中の注文は下部に表示され、進捗を監視し、必要に応じて注文をキャンセルするオプションがあります。

swap04.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています