OneKey KeyTagの使い方は?

あなたの暗号資産の自己保管を維持するためには、リカバリーシードのバックアップを保護することが最も重要です。幸いなことに、私たちは冷却ストレージのための重要な初期設定を効率化しました - OneKey KeyTag、これにより、これまで以上にアクセスしやすくなりました。このガイドでは、OneKey KeyTagを使用してリカバリーシードのバックアップを保護するプロセスを説明します。

keytag-punchgame-jp.png

必要なもの

  • OneKey KeyTag
  • オートセンターパンチ
  • OneKeyハードウェアウォレットからの完成したリカバリーシート

OneKey Keytagでリカバリーフレーズを保護する

ステップ1: 単語を見つける

  • BIP39-Dotmapを開きます。(KeyTagの取扱説明書でもBIP39の単語リストを見つけることができます。)
  • リカバリーシードフレーズ(完成したリカバリーシートに記録されている)に対応するドットパターンを見つけます。

  注意: 黒いドットは、OneKey KeyTagプレートに穴を開ける必要がある場所を示しています。

Group 2914-1-01.png

ステップ2: 単語をパンチする

  • 四角の中心を合わせて、オートセンターパンチツールを押して穴を開けます。

  注意: 

    • KeyTagの各行は、リカバリーフレーズの個々の単語に対応しています。
    • KeyTagに表示される数値の順序(例えば、「1, 2, 3, ...11, 12」)は、リカバリーフレーズの特定の順序を示しています。
    • 必要に応じて、"*"の行にパスフレーズをバックアップします。

Group 2912的副本.png

 

関連記事

OneKey KeyTagとは何ですか?

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています