OneKey Miniを始めましょう

このガイドでは、OneKey Miniハードウェアウォレットの設定手順を説明し、あなたが暗号資産を安全に管理する能力を身につけるお手伝いをします。

ご注意:設定プロセスに入る前に、パッケージとホログラフィックシールを短時間チェックして、デバイスの完全性を確認することが重要です。何かしらの改ざんの兆候を発見した場合は、すぐにそのデバイスの使用を控えてください。 OneKeyカスタマーサポートに連絡して助けを求め、私たちは最善を尽くして代替品を手配します。

必要なもの

  • OneKey Mini
  • OneKey App デスクトップアプリケーション ダウンロード およびインストール済み
  • ボックスに同梱されているリカバリーシート

プロセス

ステップ1:電源を入れて言語を選択
  • ボックスに同梱されているUSBケーブルでOneKey Miniをコンピュータに接続します。
  • 画面の指示に従って、お好みのシステム言語を選択します。
  • 右矢印キーを押して確認し、次に進みます。

1.jpg

ご注意:OneKey MiniデバイスにはバッテリーとBluetoothがありませんので、電源を入れるためには外部電源が必要で、携帯電話への接続はサポートしていません。

ステップ2:新しいウォレットを作成
  • 下キーを押して「Dashboard」に入ります。
  • Creat New Wallet」を選択して新しいウォレットの初期化を開始します。
  • リカバリーフレーズの単語数を選択します(例:12)。

2.jpg

  • 画面の指示に従って、12のシードフレーズを空白のリカバリーシートに書き留めます。
  • Recovery Phrase#1」を書き留め、#1の位置に正しくコピーされていることを確認します。
  • このプロセスを繰り返し、各単語が指定された位置に正しくあることを確認します。

3.jpg

 

セキュリティのヒント

  • シードフレーズは、あなたが資産を回復するための唯一の方法です。
  • シードのデジタルコピーを作成したり、オンラインにアップロードしたりしないでください。
  • それを安全に保管してください。
ステップ3:リカバリーフレーズを検証
  • デバイスの画面に表示されるときに正しい単語を選択して、書き留めたシードフレーズを検証します。
  • Recovery Phrase verified」が表示されるまで、このプロセスを繰り返します。

4.jpg

ステップ4:PINコードを設定
  • PINコード(1から9までの数字、は除く)を選択します。
  • 6桁だけ設定した場合は、7桁目で☑️を選択します。
  • PINコードをもう一度入力して確認します。

5.jpg

 

セキュリティのヒント

  • PINコードは、デバイスをアンロックするために使用されます。
  • 10回の間違ったPIN入力でハードウェアウォレットがリセットされます。
  • 事前に設定されたPINコードやリカバリーフレーズを持つデバイスを使用しないでください。
  • 疑問がある場合は、OneKeyカスタマーサポートに連絡してください。
ステップ5:OneKey Appアプリに接続
  • あなたのオペレーティングシステム(macOS、Windows、Linux)に対応したOneKey Appアプリデスクトップアプリケーションをダウンロードしてインストールします。
  • USBケーブルを使用してOneKey Miniをコンピュータに接続します。
  • OneKeyデスクトップアプリケーションを起動し、「Connect Hardware Wallet」を選択します。

appliactIon-connect hadware.png

ステップ6:ウォレットアドレスを確認
  • デバイスを確認し、接続します。
  • OneKey MiniデバイスのPINコードを入力します。
  • OneKeyデスクトップアプリケーションで「Receive」-「Check Address」をクリックします

8(1)(1).png

  • OneKey Miniデバイスで確認します。
  • 前のステップで作成したOneKey Miniウォレットのアドレスを確認します。

8(1).png

  • おめでとうございます!あなたのOneKey Miniウォレットは使用準備が整いました。

関連記事

OneKey Miniを認証する

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています