OneKeyを使用してOKX Web3ウォレットの使い方

OKX Web3 Walletは、80以上の公開ブロックチェーンをサポートするOKX取引所によって開発された暗号ウォレットです。その堅牢な集約能力と優れたユーザーエクスペリエンスにより、広範なユーザーベースを獲得しています。

このチュートリアルでは、拡張機能およびモバイルアプリケーションの両方をカバーして、OneKeyハードウェアウォレットをOKX Web3 Walletに接続するプロセスを案内します。

OKX Web3 Walletに接続

OKX Web3 ウォレット拡張機能 OKX Web3 ウォレットモバイル

*USBケーブルでOneKeyハードウェアウォレットを追加することのみをサポートしている、最新バージョンのOKX Web3 ウォレット拡張機能がインストールされていることを確認してください。

ステップ1: ハードウェアウォレットを接続
  • Cli拡張機能をクリックし、「Import Wallet」を選択します。
  • Hardware wallet」を選択。
  • OneKey」を選択。

okx1.png

以前にウォレットを作成したことがある場合は、以下のステップでOneKeyハードウェアウォレットに接続できます。

  • 左上のウォレット名をクリックしてウォレット管理ページに入ります。
  • 下部にある「Add Wallet」を選択。
  • Connect hardware wallet」を選択。
  • OneKey」を選択。

okx2.png

ステップ2: OneKey Bridgeをインストール
  • 接続プロセス中にOneKey Bridgeのインストールが求められます。指示に従ってダウンロードおよびインストールしてください。その後、ページを更新します。
  • デバイスのチェックが完了するのを待ちます。
  • 接続するデバイスを選択します。
  • OneKeyハードウェアウォレット上でPINコードを入力します。

okx3.png

ステップ3: アプリウォレットにウォレットアカウントをインポート
  • 接続が確立されたら、インポートしたいアカウントを選択できます。「Connect」をクリックして下さい。
  • ウォレット拡張のアンロック用パスワードを設定します(以前に設定している場合は、このステップは自動的にスキップされます)。

okx4.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています