OneKeyを使用してRabby Walletの使い方

Rabby Walletへの導入

Rabby Walletは、DeBankチームによって開発された非預託型のウォレットで、Ethereumおよび関連するEthereum Virtual Machine(EVM)ブロックチェーンをすべてサポートしています。その堅牢なDAppsへの適応性とデータ分析能力は、ユーザーから高い評価を得ています。

このチュートリアルでは、ブラウザの拡張機能とデスクトップクライアントの両方で、OneKeyハードウェアウォレットをRabby Walletに接続するプロセスを説明します。接続が完了すると、プライベートキーはOneKeyデバイス内に安全に保管されます。開始する前に、OneKeyハードウェアウォレットがコンピュータに接続されていることを確認してください。

 

OneKeyをRabby Walletに接続する

* Rabby拡張クライアントの最新バージョンがインストールされていることを確認してください。

  • 拡張機能をクリックし、ハードウェアウォレットを接続を選択します。
  • OneKeyを選択します。
  • 初期設定中にパスワードを設定する必要があります。これは、Rabbyウォレットの拡張機能をロック解除するためのものです。
  • 指示に従ってパスワードを設定します。以前に設定したことがある場合、このステップは自動的にスキップされます。

rabby 1.png

 

  • ロードが完了するのを待ち、デバイス上でPINコードを入力してロックを解除します。すでにロックを解除している場合は、しばらくお待ちください。
  • ロードが99%で止まったり、問題が発生した場合は、デバイスを抜いて再度接続してみてください。
  • ロードが完了したら、Rabbyウォレットに追加するウォレットアドレスを選択し、完了をクリックしてインポートプロセスを完了します。

rabby 2.png

 

  • 拡張機能のインターフェースに戻り、インポートしたウォレットアドレスとその対応するバランスを確認および確認します。

rabby 3.png

 

OneKeyをRabbyデスクトップクライアントに接続する

* Rabby拡張クライアントの最新バージョンがインストールされていることを確認してください。

  • Rabbyデスクトップクライアントの初期設定でOneKeyを選択します。

  • 右上隅にある「ウォレット」アイコンをクリックして接続プロセスを開始します。

  • ロードが完了するのを待ち、デバイス上でPINコードを入力してロックを解除します。すでにロックを解除している場合は、しばらくお待ちください。
  • ロードが99%で止まったり、問題が発生した場合は、デバイスを抜いて再度接続してみてください。
  • ロードが完了したら、Rabbyウォレットに追加するウォレットアドレスを選択し、Rabbyに入るをクリックしてインポートプロセスを完了します。

  • ウォレットが正常にインポートされたことを確認します。
  • これでプロセスは完了です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています