OneKeyをMetamaskと一緒に使う方法

MetaMask Walletへの導入

MetaMaskは最も人気のある非預託型ウォレットの一つで、OneKeyハードウェアウォレットと接続することで、Ethereumブロックチェーンおよび関連するEthereum Virtual Machine(EVM)ブロックチェーン上のトランザクションを効果的に管理することができます。

このチュートリアルでは、OneKeyハードウェアウォレットをMetamaskに接続し、接続したハードウェアウォレットでトランザクションに署名するプロセスを説明します。始める前に、最新バージョンのMetaMaskブラウザ拡張機能がインストールされていることを確認してください。

 

OneKeyを使ってMetamaskを使用する方法

OneKey Walletを接続する:

  • ブラウザ拡張機能でMetaMaskを開き、アカウント名をクリックします。
  • 下部にあるアカウントまたはハードウェアウォレットを追加を選択します。
  • ハードウェアウォレットを追加を選択します。

01.png

  • TREZORを選択し、続行をクリックします。

02.png

  • このセッションのみ許可を選択します。
  • エクスポートを選択し、画面の指示に従います。
  • OneKeyハードウェアウォレットに設定したPINコードを入力します。

03.png

  • 次に、ハードウェアウォレットからのアカウントのリストが表示されます。接続したいウォレットを選択し、ロック解除をクリックします。

04.png

  • おめでとうございます!これでプロセスが完了しました。

 

OneKey Walletでトランザクションに署名する:

次に、MetaMaskに接続したウォレットを使用してトランザクションに署名する方法を説明します。

例:UniSwapでトークンをスワップするトランザクションに署名します。

  • UniSwapを開き、前のステップでログインしたウォレットに接続します。
  • $ETHを$USDCにスワップします。
  • スワップを確認を選択します。
  • 情報を確認し、確認を選択します。

05.png

  • トランザクション情報が正しいことを確認します。
  • 続行を選択し、画面の指示に従ってトランザクションを確認します。
  • これらのステップが完了すると、トランザクション署名済みが表示されます。

06.png

  • トランザクションの署名に成功しました!
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています