OneKey ヘルプセンター

Appによって、ホットウォレットの新規作成とインポート

Amo
Amo
  • 更新

★★注意事項:巨額なチャージをする前に、必ず小額なチャージテストを行い、チャージ・出金などが無事に完了できる限りに、巨額なチャージをしてください。

★リカバリフレーズはウォレットを復元する唯一な手段です。必ず適切に保管ください。決して如何なるデバイスに記録したり、インターネットにアップロードしたりなどをしないでください。

 

必ずオフィシャルサイトよりAppをダウンロードしてください

スマートフォンでオフィシャルサイトの https://onekey.so/download を開いて、iOSバージョンかAndroid バージョンかをダウンロードしてください。ここでは、iOSバージョンを例として説明する。(iOS Appは中国大陸以外のApple IDでダウンロードする必要がある、海外Apple IDでOnekey Appのダウンロード方法にご参考ください)

 

ホットウォレットの作成

既にハードウェアウォレットを接続したことがある場合、アカウント管理ページ左下側の【+】マークをクリック→【ウォレットを作成する】をクリック→【Appウォレット】を選択してください。

2.png

 

一度もご利用したことがない場合は、ダウンロードしたら、オープンニング画面において、【ウォレットを作成する】をクリック→【Appウォレット】を選択する。

1.png

 

これより、ホットウォレットのパスワードを設定し、表示画面の指示に従って、リカバリーフレーズを順番で書き写してください。これで1番目のホットウォレットが作成できた。

注意:リハバリーフレーズはウォレットを復元する唯一の手段なので、必ず適切に保管ください。決して誰かに漏れるかシェアすることをしないてください。

3.png

 

どうすれば多くのアカウントを追加するか。

アカウント管理ページにって、【アカウントを追加する】→【作成】→【パスワードの確認】→作成完了、これで当該リカバリーフレーズによって、2番目のホットウォレットが作成できた。

豆知識:ウォレットの作成はBIP-39協議に準拠する。BIP-39協議は何であろう。1セットのリカバリーフレーズにより、異なるチェン毎のアドレスを作成可能で、これらのアドレスは作成パスによって固定な順番を付く。ETHを例として説明すると、1番目のアドレスパスはm/44'/60'/0'/0/0となり,それ以降に作成された2番目のアドレスパスはm/44'/60'/0'/0/1となり,3番目のアドレスパスは m/44'/60'/0'/0/2 となる。

4.png

既存ウォレットの追加

既存リカバリーフレーズよりウォレットを復元する場合は、以下の流れに従って操作ください。

(注意:リカバリーフレーズをAppに入力したら、このウォレットはホットウォレットになるから、ハードウェアウォレットのリカバリーフレーズを入力しないでください。ホットウォレットとハードウェアウォレットの違い)

アカウント管理ページにおいて、左下側の【+】マーク→【既存のウォレットを追加する】、若くはオープンニング画面において【既存のウォレットを追加する】を選択してください。

  • リカバリーフレーズを入力:1番目のウォレットアドレスを復元する。【アカウントを追加する】で、当該リカバリーフレーズによって作成された異なるチェンのウォレットを復元できる。
  • 秘密鍵を入力:当該秘密鍵の単一通貨のアカウントアドレスを復元する。
  • アドレスをインポート:監視されたアカウントを作成できる。当該アドレスでの資産状況及び取引履歴を閲覧できる。当該アカウントの所有権を有してないから、取引などの操作ができない。
  • Onekeyliteを通して、ウォレットを復元する。

5.png

アカウント管理ページの説明:

因位アカウントアドレス画面の左上側をクリックすると、アカウント管理ページに入る。この画面では、アカウントの種類選択またはアカウントの追加操作ができる。

6.png

 

トークンの追加方法

右側のトークンマークをクリックしたら、トークンを検索し追加することができる、トークンリストに見つからない場合は下記のURLにて検索できる:coinmarketcap.com

_.png

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。