OneKeyハードウェアウォレットがWindowsコンピュータに接続できない場合の対処方法

Windowsパソコン用のブラウザープラグインが ハードウェアウォレットに接続できない、 デスクトップ用クライアントがハードウェアウォレットに接続できない、という事態に対応します。詳細な手順は以下の通りです。

ブラウザープラグインがOneKeyハードウェアウォレットに接続できない場合

1.ブラウザープラグインが確認のためハードウェアウォレットを起動できないように見える場合は、[ハードウェアデバイスの接続]を選択して再接続してください。プラグインが以前に使用したアカウントのキャッシュを表示しているため、この時点ではハードウェアウォレットがパソコンに接続されていない可能性がありますので、再接続してください。

(注)他の全てのインタラクションが正常で、DAppが署名時にのみ点滅する場合、DAppはHardware Walletが解決できない署名方法を使用している可能性があり、ブラインド署名を有効化する必要があります。(ブラインドサインの使い方とチュートリアルです。)

mceclip1.png

2、例えば、接続ページで止まってしまい、続行できない場合

mceclip2.png mceclip3.png

ブラウザの拡張機能管理を開き、プラグインの状態を確認します。OneKeyプラグインとMetamaskプラグインを同時に開くと競合しますので、使用する際は片方を閉じてから開くようにしてください。まず、Metamaskプラグインをオフにしてください。

_____20220428175922.png

それでもうまくいかない場合は、拡張子が次のように設定されていることを確認してください。

_____20220428180325.png

それでもうまくいかない場合は、 https://data.onekey.so/version.json が開けるかどうか、何らかのコードが表示されるかどうかを確認してください。表示されない場合は、ラダーを開いてグローバルプロキシを設定して、接続できるかどうかを再度確認してください。

上記が正しく、それでもうまくいかない場合は 、OneKey Desktopクライアントや、firmware.onekey.so、desktop.onekey.so、app.onekey.soなどonekey関連のソフトウェア、onekey.soドメインで終わるすべてのブラウザタブなどが、次のようになっているか確認してみてください。が完全に閉じている/出ている(ハードウェアウォレットが占有されている場合クリックすると、ブリッジのステータスページが表示されます:http://127.0.0.1:21320/status/ OneKey Bridge の起動状態を確認することができます。

このステータスページが開かない場合、Windowsユーザーは通常、スタートメニューでブリッジを検索して手動で起動し、再度接続するか、ブリッジのステータスページを更新して正しく表示されるかどうかを確認することができます。

mceclip4.png

それでも開かない場合は、次のチュートリアルに従って、ホワイトリストにブリッジを追加するか、タスクバーにピン留めしてください:https://help.onekey.so/hc/zh-cn/articles/360004279036

ブリッジがコンピューターによってブロックされ、見つからない場合は、再度ダウンロードし、インストールする必要があります。ブリッジのダウンロードアドレス:https://onekey.so/download?client=bridge

3.ブリッジのステータスページ http://127.0.0.1:21320/status/、開くことはできますが、Connected devices: 0の場合、ハードウェアウォレットが認識されていないことを意味します。

_____20211215111014.png

このとき、このコンピュータ(マイコンピュータ)をクリックし、[管理]から[コンピュータマネージャー]を選択し、[デバイスマネージャー]を選択します。黄色い感嘆符が表示されるかどうか、USBドライバの再インストールが必要です:Windows PCドライバのインストールに関する問題と解決 策(注:一部のwin7コンピュータではドライバをインストールできないため、別のコンピュータで試す必要があります)。それでもうまくいかない場合は、再度ドライバーのインストールが必要です)。

mceclip1.jpg

インストール後もドライバーが認識されない場合は、データケーブル/USBポートを交換する必要があります。データケーブルでは充電のために接続できると表示されていても、伝送電圧が不安定なため、機器を認識できないことがあります。

4、ブリッジのステータスページ http://127.0.0 .1:21320/status/、開くことができ、Connected devices: 1と表示されたら、ブラウザのキャッシュをクリアし、デバイスを抜いてブラウザを再起動し、プラグインのConnected hardware devicesを選択して、ロック解除アドレスのインターフェースに到達できるかどうか確認してください。

ステータスページは正常だが、DAppに接続できない場合は、ノードを切り替えてみてください。

mceclip2.png

DesktopデスクトップクライアントがOneKeyハードウェアウォレットに接続できない場合

mceclip0.png

1.ブラウザを完全に終了させ、ハードウェアウォレットが占有されていないことを確認します。

2.パソコンのUSBでOneKeyハードウェアウォレットが認識されていることを確認します。

このコンピュータ(マイコンピュータ)をクリックし、[管理]を選択し、[コンピュータマネージャー]を選択し、[デバイスマネージャー]を選択します。黄色い感嘆符が表示されるかどうか、USBドライバの再インストールが必要です:Windows PCドライバのインストールに関する問題と解決 策(注:一部のwin 7コンピュータではドライバをインストールできないため、別のコンピュータを試す必要があります。(注:Win 7では、ドライバをインストールできないパソコンもありますので、パソコンを変えて試す必要があります)

mceclip1.jpg

インストール後もドライバーが認識されない場合は、データケーブル/USBポートを交換する必要があります。データケーブルでは充電のために接続できると表示されていても、伝送電圧が不安定で、やはり認識されないことがあります。

3.OneKeyインターフェースが認識された場合は、OneKeyハードウェアウォレットのファームウェアのバージョン番号を[このデバイスについて]で確認してください。現在のファームウェアのバージョンは2.1.10です。ファームウェアのバージョンが低すぎる場合は、まずDesktopを終了してWebページでファームウェアをアップグレードしてください。 oneKey Hardware Walletファームウェアアップグレードチュートリアル

4、ファームウェアのバージョンはすでに最新で、USBドライバはonekeyインターフェースを認識できるが、まだ接続できない場合、ブリッジステータスページ http://127.0.0.1:21320/status/ が正常に表示できるかどうかを確認してください。

ない場合は、スタートメニューでbridgeを検索して手動で起動するか、bridgeを再度ダウンロードしてインストールしてください。bridgeのダウンロードアドレスは、https://onekey.so/download?client=bridge

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています