OneKey ヘルプセンター

OneKey Liteについて

Panda
Panda
  • 更新

ウォレットの開発中、ヘルパーワードの収納には常に頭を悩まされることがわかりました。

ヘルパーワードは「暗号化」されていなければならず、ハードウェアウォレットと同等の安全性を持つ暗号化チップに格納されていなければならないというのが核心だった。

そこで、「OneKey Lite バックアップキット」(以下、OneKey Lite)を作りました。

OneKey Liteは、ウォレットアプリの専門用語をハードウェアに格納することを容易にし、それ。

- クレジットカードと同程度の大きさ

- CC EAL6+セキュリティチップを内蔵(ハードウェアウォレットと同じ)。

- NFC(近距離無線通信)によりデータ転送を行う。

- 軍用レベルの完全な暗号化チャネル

- ウォレットアプリのバックアップと復元を即座に行うことができる

- ブルートフォース試行回数10回でデータ自動消去

OneKeyアプリを使用している場合、ベストプラクティスは以下の通りです。

1.ヘルパーノートを手書きでコピーして、自宅の安全な場所に保管する。

2. OneKey Liteで財布を再度バックアップし、手元に置いておく。

こうしておけば、万が一ウォレットが削除されたり、リセットされたりしても、Liteでいつでも復元することができます。

PINコードと暗号化チップにより、資産を移動するのに十分な時間があるため、セキュリティX線検査やLiteの紛失を心配する必要はありません。

注:セキュリティポリシーにより、現時点ではOneKeyアプリとLite間の通信のみを開放しており、Liteとハードウェアウォレット間の通信は開放していません。

OneKey Liteの生産量には限りがありますので、エアドロップでの供給を優先し、エアドロップ後に残りがあれば店頭での販売も検討します。

OneKey LiteカードはNFCの無線通信を利用し、金属製の接点がないため、錆の心配がありません。

内蔵バッテリーはなく、製品寿命は内蔵チップの記憶領域の経年変化で決まり、一般に20年とされている。

本製品はパスワード認証がないと操作できず、10回以上パスワードを間違えるとメモリー領域が空になるので、他人に拾われて乱暴に割られる心配はない。

ハードウェアウォレットは、完璧に安全なソリューションが見つからない限り、いかなる形でも輸出できないように設計されています。

この記事は役に立ちましたか?

1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。