OneKey ヘルプセンター

OneKey初期ハードウェアウォレットのアクティベーションチュートリアル

Amo
Amo
  • 更新

上部に書かれています。


とても重要です!!!少額での初コインヒットのテスト、トップアップ、コインの引き出しを必ず行ってから、多額でのご利用をお願いします。
★お財布を取り戻すには、ヘルパーワードが唯一の方法です。資産の安全を確保するため、電子機器に記録したり、オンラインチャネルで配布したり、記録したりしないよう、安全に保管しておいてください。

まず、パワーオンボタンを押してOneKey Hardware Walletを開き、画面の指示に従ってシステム言語を設定します。

1-03.jpg

任意のキーを押してインターフェースに入り、「新しいウォレットの作成」を選択します。画面上の指示に従って新しいウォレットの作成を開始し、「続ける」をクリックして、ニーモニックの桁数を選択します。ここでは12桁の例を示します。

2-04.jpg

画面の指示に従って、ニモニックをコピーしてください。ニモニックはウォレットを復元する唯一の方法ですので、資産の安全を確保するため、電子機器に記録したり、オンラインチャネルで配布または記録したりせず、必ず保管してください。転写が完了したら、プロンプトに従ってニーモニックチェックを完了させてください。

3-05.jpg

次に、銀行カードの引き出しコードのようなPINコードを自分で設定する必要があります。1~9の数字で、ゼロは含まれません。なお、6桁しか設定しない場合は、7桁目に√を選択することができます。
重要:PINコードを入力してください。PINコードはハードウェアウォレットのロックを解除するために必要で、10回誤って入力するとハードウェアウォレットがリセットされてしまいますので、必ず覚えておいてください。
その後、ウォレットが正常に作成されたことが表示されますので、OneKeyデスクトップまたはOneKeyブラウザプラグインに接続すれば、使用可能な状態になります。

4-06.jpg

次に、そのニーモニックが正しいかどうかを確認します。ブラウザでOneKeyのウェブサイトを開く https://onekey.so/downloadデスクトップを選択し、ダウンロードするコンピュータのOSのバージョンを選択し、指示に従ってインストールと実行を行ってください。(ここではWin10を例にしています。)

5-07.jpg

画面の指示に従って、起動したOneKeyハードウェアウォレットを、データケーブルを使ってコンピュータに接続します。
注:Apple社のコンピュータをお使いの場合、一部のユーザーはUSBアダプターを使用して接続する必要があります。

6-08.jpg

プロンプトが表示されたら、PINコードを入力してください。ハードウェアウォレットに表示されている番号の位置に、電話機のインターフェースに対してPINコードを入力すると(下にマークされている赤い数字を参照)、ハードウェアウォレットがデスクトップに接続されます。

7-09.jpg

自分のアカウントをクリックし、[BTCを受け取る]をクリックします。(拡張コンテンツ:3つのビットコインアドレス形式)

__1.jpg

OneKeyハードウェアウォレットで[Show full address]をクリックして確認すると、その時点でアドレスが記録されます。

__2.jpg

_____20211023200644.png

その後、住所を確認させていただきます。起動するときは、先ほどメモしたヘルパーワードを控えておいてください。次に、ハードウェアウォレットのいずれかのキーを押してオプション画面にアクセスし、「セキュリティ」、「デバイスのリセット」の順に選択します。リセットが完了したら、起動画面に移動し、システム言語を非アクティブに設定します。

10-12.jpg

任意のキーを押してインターフェースに入り、「ウォレットの復元」を選択、先ほどメモしたニーモニックを入力して確認、完了したら、ハードウェアウォレットのPINコードをリセットする必要があります、これが完了したら、ウォレットの復元は成功です。

11-13.jpg

このとき、OneKeyデスクトップを開き、OneKeyハードウェアウォレットをデータケーブルで接続し、PINコードを入力してロックを解除してください。

7-09.jpg

前の手順を繰り返してください。自分のアカウントをクリックし、「BTCを受け取る」を選択し、「完全なアドレスを表示」をクリックし、ハードウェアウォレット上で確認します。

_____20211023201220.png

この時点のアドレスがハードウェアウォレットをリセットする前のアドレスと一致しているかを確認します。 アドレスが一致すれば検証完了、ヘルパーワードはアドレスと一致します。

OneKeyハードウェアウォレットのアクティベーションと認証の方法についてのチュートリアルです。

★ニモニックはウォレットを復元する唯一の方法ですので、資産の安全を確保するため、電子機器に記録したり、オンラインチャネルで配布または記録しないよう、必ず保管してください。

チュートリアルの拡張機能

ブラインドサインの使用方法とチュートリアル

この記事は役に立ちましたか?

19人中17人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。