OneKey ヘルプセンター

Bridgeのインストールを何度も促される場合の解決策

Panda
Panda
  • 更新

OneKey Bridgeは、OneKeyハードウェアウォレットとブラウザ間の情報伝達を強化し、使用時の安定性を向上させるプログラムです。

Apple社の場合:[Access]-[アプリケーション]-[ユーティリティ]-[OneKey Bridge]-[onekeyd]で手動で起動します。

mceclip0.jpg

winコンピュータの場合:360 Security Guardと360 Antivirusをインストールしているユーザーは、ブラウザを開いた後にBridgeを再度インストールする必要がある場合が多いようです。

これは、OneKey Bridgeがバックグラウンドのプログラムであり、起動後に自ら起動するためです。これは、OneKey Bridgeが起動後に勝手に起動するバックグラウンドプログラムであるため、360がBridgeプログラムを削除して無効化した結果、360のチェックのたびに再インストールが必要になったためです。

その解決策は、以下の通りです。

Bridgeを360ソフトウェアのホワイトリストに登録する。

オープン 360 セキュリティガード

Trojan Horse Antivirus] -> [Trust Area] -> [Add File] -> [Select File to Open] -> [OK] をクリックする。

360 Antivirusを開く。

設定]→[ファイルのホワイトリスト]→[ファイルを追加]→[開くファイルを選択]→[開く]→[チェックボックスを外す]をクリックします。→ [OK]をクリックします。

ホワイトリスト追加後、360はBridgeを二度と削除しません。

ただし、360 Antivirusと360 Security Guardの両方がチェックとキル時にスタートアップ項目を扱うので、2つのインストールファイルに加え、この2つのファイルのスタートアップをクリアしないように注意してください。

mceclip0.png

mceclip1.png

図2のスタートアップ項目もクリアされていないか、Antivirusのログで360がどのプログラムを無効化したかを確認する必要があります。

360が起動不能になるのを防ぐことができない場合、使用するたびにBridgeをオンにする必要があります。

Windowsの検索バーでONEKEY-Bridgeを検索してタスクバーにピン留めし、使用前に素早く開くことができます。

mceclip2.png

この記事は役に立ちましたか?

3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。