OneKey ヘルプセンター

ドライランチェックのニーモニック

KK
KK
  • 更新

ヘルパーワードが復旧資産の唯一のバックアップになると考えているユーザーもいるようです。本当にちゃんと書けたのかな?

もう一度やり直すかどうかを判断したほうがいいのでしょうか?それとも、危険を冒してでも新しいウォレットに資金を送るべきでしょうか?どちらでもないのはいかがでしょうか?リカバリーシードを正しく書き込んだかどうかを確認する便利な方法があります。ストレスフリー!

OneKeyデスクトップではデバイス名をクリックし、[設定]-[ハードウェアデバイス]-[チェック]をクリックします。バックアップ】です。]説明書に従うだけです。最後に、復元されたシードの状態を端末が教えてくれます。正しいシードがあるかどうか、あるいは新しいシードを生成する必要があるかどうかを確認することができるのです。

__2021-07-31___3.14.33.png

ドライランとは?

シンプルでわかりやすいプロセスです。検証プロセスを開始することで、デバイスにリカバリープロセスを実行したいが、デバイスにシードを記憶させたくないことを伝えることができます。その代わりデバイスは、ストレージに保存している種子と、あなたが今「回収」した種子を比較します。比較結果は、eWalletインターフェースに送信されます。シードが一致すれば、OneKeyはバックアップが正しく行われたことを伝えます。一致しない場合、ウォレットはエラーを表示します。

備考ドライラン は、通常のリストアと同じですは全く同じです。あなたは、OneKey デバイスの画面に表示される情報および説明のみを信頼してください。.外部インターフェースは、お客様の物理的な確認なしにリカバリープロセスを初期化することはありません。インターフェース(お使いのブラウザまたはサードパーティソフトウェア)まさかは、入力する言葉の順番を指示します。また、アドバンスドリカバリも可能です。

eWalletのインターフェイスでシードが一致することを教えてくれれば、バックアップがあるので安心です。

エラーが表示された場合は、全資産を譲渡することを強くお勧めします新しいウォレットに転送します。

この記事は役に立ちましたか?

2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。