OneKey ヘルプセンター

Desktopによるニーモニック確認チュートリアル

KK
KK
  • 更新

0000.gif

以下は、ヘルパーワードのバックアップチェックで報告されるエラーの説明です。

タイプ1:間違った単語を再入力した

__________.jpg

エラーの原因間違った単語が入力されました。

エラーのステップ

ステップ12で間違った単語が入力された。例)上記の欄に「信頼」と誤って入力した場合。

解決策

チェックを再開するだけです。

2枚目シードがない

_____.jpg

エラー原因:入力されたヘルパーワードがフォーマットと一致しません。

エラーのステップ

1.手順8で、ニモニックの数を間違えて選択した。例えば、24桁のニモニックワードを12桁で選択する。

2.手順13で、ニモニックワードを間違えて入力した。例えば、上の欄のtrustという単語はsoonと入力されている。

解決策

1.もう一度起動して、正しいニーモニクスの数を選択します。

2.入力時にニモニックワードが正しいかどうか確認する。

第3のタイプ自生種ではない

________.jpg

原因:入力されたニーモニックがフォーマットと一致しているが、本機に存在するニーモニックと異なっている。

手順が正しくない。

1.手順8で、助詞の数を間違えて選択する。

2.ステップ12で、ニモニックを間違えて入力した。

解決策

1.もう一度起動して、正しいニーモニクスの数を選択します。

2.入力の際は、ニモニックワードに間違いがないかを確認する。

3.ニモニックがこのハードウェアウォレットの正しいものであることを確認します。

 

よくあるご質問をまとめました。ハードウェアウォレットで「ニーモニック」の入力を求められた?

セキュリティのために別の単語を入力するのであって、ニーモニックが漏洩したとか、ハードウェアウォレットが破損したとかいう理由ではありません。

____.jpg

wenti2.jpg

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。