OneKey ヘルプセンター

DeFiがOneKeyハードウェアウォレットを必要とする理由

Customer Service
Customer Service
  • 更新

DeFiを行う際には、こまめにチェーンを操作する必要があります。オンチェーン運用のリスクは、パソコンのハッキング、遠隔操作、ホットウォレットからの直接のコイン盗難(多くの先輩がblockchain.infoで遭遇したように)はもちろん、メールやWeChat、知人からリンクを送られてそれをクリックしたらパソコンにトロイの木馬が仕込まれていたなどの標的型攻撃です。 もし、あなたのパソコンがトロイの木馬にやられたのに、ホットウォレットだけを利用してリトルフォックスのように一人でインを採掘すると、ハッカーはすぐにあなたのリトルフォックスウォレットを通してコインを転送することができます。

ハードウェアウォレットが行うのは、ネットに触れないように秘密鍵を隔離し、公開鍵と秘密鍵とを分離することです。チェーン上で操作するたびに、ハードウェアウォレットの物理的なボタンで確認しないと、秘密鍵を呼び出して署名できないようになっており、秘密鍵がネットに触れないようにする役割を果たしています。携帯電話やブラウザのプラグインのホットウォレットの公開鍵と秘密鍵は同じものなので、ハッカーに操作されたり盗まれたりすることがありますが、どんなに優れたハッカーでもパソコンから手を伸ばしてハードウェアウォレットを押さえることはできません。したがって大金は、それを保護するハードウェア・コールドウォレットが非常に必要なのです。OneKeyを使用してDeFiに参加することは、資金の保護に大きく貢献します。

ソフトウェアウォレットとは対照的に、多くのハードウェアウォレットは次のような特徴を備えている。
秘密鍵の生成と保存に安全なチップを使用
● 取引情報を表示する物理ボタンとスクリーンを装備


すべての取引はハードウェアウォレットを通して署名され、秘密鍵には

触れない

キーポイント1

ハードウェアウォレットはあくまで秘密鍵(ヘルパー)を保護するためのツールであり、秘密鍵(ヘルパー)はウォレットそのものです、秘密鍵(ヘルパー)を知っている人は誰でもコインを引き出すことができるので、秘密鍵(ヘルパー)は従来の意味でのパスワードとは異なります、公式onekeyも他のウォレットプロバイダも秘密鍵(ヘルパー)の取り出しには対応していません、必ずバックアップと秘密鍵(ヘルパー)の保存をお願いします。

ポイント2

秘密鍵(ニーモニック)はインターネットに触れてはいけません。 インターネットに触れるとは、コピー&ペースト機能を使う、パソコンのワードやメモ帳に記録する、写真を撮って保存する、WeChatや各種クラウドディスク、クラウドノートにアップロードするなどが該当しますが、これに限定するものではありません。最も安全な方法は、物理的な紙と鉛筆に数枚コピーして安全な場所に保管するか、信頼できる人に渡して保管してもらうことです。

ポイント3

ハードウェアウォレットが破損した場合、キーを他のウォレットにインポートすることで復元できます(ハードウェアウォレットのキーをToken pokectなどのモバイルウォレットのようなホットウォレットにインポートしないでください)。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。