OneKey ヘルプセンター

OneKeyハードウェアウォレットがMetaMaskと接続し、BSCで遊べるようになる

Customer Service
Customer Service
  • 更新

OneKeyウォレットがまだ使用されていない場合は、以下をご確認ください:OneKeyデスクトップPCクライアントの使用方法

MetaMask は、ブラウザベースのウォレット、RPC クライアント、基本コントラクトブラウザとして多目的に使用できます。

今すぐダウンロード]をクリックしてください。

blobid16.png

MetaMask for Chromeをインストールする]をクリックします。

blobid17.png

MetaMask for Chromeを開くには、デフォルトでウォレットがメインのイーサネットネットワークに設定されていることが確認できますので、メインのイーサネットネットワークをクリックします。

mceclip0.png

ドロップダウンメニューから[Custom RPC]をクリックします。

mceclip2.png

以下のデータをフォームに記入してください。

ネットワーク名:BSCメインネットワーク

RPC URLの追加: https://bsc-dataseed1.binance.org/

チェーンID(ChainID):56

シンボル:BNB

Mask ManagerのURL(ここではMetaMaskの訳が間違っており、実際はブラウザです): https://bscscan.com/

mceclip1.png

設定が完了すると、BSCメインネットを選択することができ、あなたのウォレットはBSCメインネット上のウォレットとなります。

Link Hardware Wallet]を選択する。

mceclip0.png

Trezorにチェックを入れ(青いボックスがチェックされています)、[接続]をクリックします。

blobid19.png

ブラウザでTrezorのウェブページが表示されますので、「Don't ask me again」にチェックを入れ、青いボタンをクリックして確定してください。

blobid20.png

Trezorが公開鍵をエクスポートするかどうか聞いてきますので、[Export]を選択します。

blobid21.png

同じページでTrezorはパスフレーズを入力するかどうか聞いてきますが、無視して緑のボタンをクリックして続行してください。

blobid22.png

多数のアドレスが表示されますので、最初のアドレスを選択するだけです。

mceclip2.png

下図のような画面が表示されれば、すべての設定は完了です。

mceclip3.png

MetaMaskにアセットを追加する方法です。

トークン名を検索して追加しないでください。正しく表示するためには、コントラクトを追加する必要があります。

あなたが見つけたトークンは、HRC20規格ではなく、Ether規格のトークンです。

トークンは消えません。トークンの追加をクリック - カスタム トークンをクリック - 契約アドレスを追加 - トークンの追加を終了

この記事は役に立ちましたか?

1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。