省電力モード/ローバッテリーモードを使用すると、機器の接続が中断されることはありませんか?

自動的に省電力モード(ローバッテリーモード)になる場合、一部の機種では電池残量が少なくなると自動的に位置情報サービスがOFFになります。

位置情報サービスをオフにすると、端末との接続が切断され、使用できなくなります。

1.設定から省電力モード(ローバッテリーモード)を探し、オフにする

2.設定から省電力モード(ローバッテリーモード)-消費電力保護を探し、OneKeyを保護リストに追加する。

3.携帯電話を充電し、電池残量に達すると、携帯電話は正常にデバイスに接続できるようになります

上記の操作の後、[設定]-[位置情報サービス]を開くと、位置情報サービスがオンになっているかどうかが確認できます。

ps: Android 12 以降は Bluetooth を使用するため、位置情報の許可は不要になりました。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています