App Bluetooth Connection Hardware Wallet 位置情報アクセス許可をオンにするためのリマインダー

Android OS 6.0(Marshmallow)より、Googleは許可要件を変更しました。アプリは、スマートデバイスをAndroid端末に接続する前に、位置情報の許可を取得する必要があります。これは、新しいBluetooth規格に、携帯電話やユーザーの位置を特定するための機能(Bluetoothビーコン)が搭載されたためです。不正なデバイスが位置情報にアクセスする懸念を低減するため、Googleは、低消費電力のBluetoothデバイスに接続する際に必要な位置情報の許可について、新たな要件を追加しました。

ただし、OneKeyアプリが位置情報を使用することはなく、この許可はBluetoothデバイスをスキャンするためにのみオンにされます。

Googleの許可要件の詳細については、Googleの公式ノート: Android 6.0の重要な変更点のドキュメントを参照してください。

 Android 12以上のBluetoothでは、位置情報アクセスが不要になりました。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています