OneKey ヘルプセンター

ハードウェアウォレット接続メタマスク方式による複数アドレスの作成について

KK
KK
  • 更新

MetaMaskプラグインを起動し、[Link Hardware Wallet]を選択します。

mceclip0.png

TREZOR]を選択する。

mceclip1.png

ハードウェアウォレットにPINコードを入力し、ロックを解除する

mceclip2.png

下の画像では、非常に多くのアドレスが、すべて同じヘルパーワードから生成されているのがわかります。

mceclip3.png

5番目のアドレスを選択しました

mceclip4.png

mceclip5.png

Link Hardware Wallet]を選択し直し、[Next]をクリック(次の項目であるはず)、8番目のアドレスを選択する

mceclip7.png

MetaMaskの画面には8番目のアドレスが表示されます。

mceclip8.png

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?

7人中7人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。