OneKey ヘルプセンター

フル・イーサネット・ノードを運用するメリットとデメリット

KK
KK
  • 更新
フルノードの運用を選択すると、イーサネットベースのさまざまなネットワークに対応できますが、お客様にとって控えめな、あるいは中程度のコストが発生する可能性もあります。その長所と短所を紹介しよう。
長所
  • イーサネットベースのネットワークのレジリエンスと検閲への耐性をサポートします。
  • すべてのトランザクションの権威ある検証。
  • パブリックブロックチェーン上のあらゆるコントラクトと対話可能(仲介者不要)。
  • 必要に応じて、ブロックチェーンの状態(アカウント、コントラクトなど)をオフラインで照会(読み取り専用)する機能。
  • 読んでいる内容を第三者に知られることなく、ブロックチェーンに問い合わせることができること。
  • 独自のコントラクトをパブリックブロックチェーンに直接展開することが可能(仲介者不要)。
デメリット
  • 大規模で増大するハードウェアと帯域のリソースを必要とする。
  • 最初のダウンロードを同期させるのに数時間から数日かかる。
  • 同期を保つために、メンテナンス、アップグレード、オンライン維持が必要です。

この記事は役に立ちましたか?

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。