OneKey ヘルプセンター

マルチシグネチャウォレットとは

KK
KK
  • 更新

マルチシグネチャは、2人以上のユーザーがグループとして署名することができる特定のタイプのデジタル署名です。

暗号通貨の文脈におけるマルチシグネチャ技術は、2012年に初めてビットコインアドレスに採用されました。セキュリティ問題に関連する分野では、一般的にマルチシグネチャが使用されています。

マルチシグネチャーのアドレスは、それが必要とするキーの組み合わせで設定することができます。最も一般的なのは3分の2(2/3)で、このタイプのアドレスは、3署名のアドレスで資金にアクセスするために2つの開始署名を提供する必要があることを示します。実際には、3/3(3分の1)、3/4(4分の3)など、他にも多くの種類が存在する。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。