ハード分岐とは

ネットワークノードの半数が、ブロックサイズを2MBから3MBに拡張したいと考えたとします。
旧バージョンのノードでは、有効なブロックの上限を2MBと規定しているため、3MBのブロックを送信するとブロックは拒否されます。この時点で、ネットワークの新旧バージョンの互換性はなくなり、ブロックチェーンには2つの分岐が存在することになります。
この時点では、2つのネットワークプロトコルがあり、それぞれ異なる通貨を使用しています。すべてのアカウントの残高は、元の記録から新しいチェーンにクローンされます。フォーク前に20BTCを持っていたユーザーは、2つのブランチチェーンのそれぞれに、20BTCと20新しいBTCの残高を持つアカウントを持つことになります。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています