ソフト分岐とは

ソフトフォークとは、新しいルールを導入したノードが、導入していないノードとやり取りできるようにするためのルール変更です。

例えば、ブロックサイズを2MBとした場合、今後半数のネットワークノードがブロックサイズを1MBに制限し、オーバーサイズのブロックは無効とする。

旧バージョンのノードでもブロックの受信やブロードキャストは可能です。

この場合、新しいネットワークは、ルールのバージョンに関係なく、すべてのノードをカバーすることができます。

ビットコインのSegregated Witness(通称「SegWit」)は、ソフトフォークの一例である。このフォークでは、ブロックとトランザクションに新しい形式を巧みに導入しています。更新されていないノードはブロック情報を受信し続けることができますが、新しいトランザクションの検証に参加することはできません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています