OneKey ヘルプセンター

フルノードとは

KK
KK
  • 更新

フルノードとは、すべての取引情報を含む完全なブロックチェーンを維持するノードのことです。より正確には、このようなノードを「フルブロックチェーンノード」と呼ぶべきだろう。ビットコインの初期には、すべてのノードがフルノードでした。現在のBitcoin Coreクライアントも、フルブロックチェーンノードです。しかし、この2年間で、完全なブロックチェーンを維持する必要がなく、代わりに軽量なクライアントとして動作する新しいタイプのクライアントが数多く出現しました。これらの軽量クライアントについては、以下のセクションで詳しく説明する。

フルブロックチェーンノードは、すべての取引情報を含むビットコインブロックチェーンの完全な最新コピーを維持します。 このようなノードは、ネットワーク内の最初のブロック(ジェネシスブロック)から最新のブロックまで、ブロックチェーンを独立して構築し検証することができます。フルブロックチェーンのノードは、他のノードや他の情報源を必要とせず、独立かつ自律的にあらゆる取引情報を検証することができます。フルブロックノードは、ビットコインネットワークを通じて取引情報を含む新しいブロック更新を取得し、それが正しいことを検証した後、この更新をブロックチェーンのローカルコピーにマージします。

フルブロックチェーンノードを実行することで、純粋なビットコイン体験ができます。他のシステムに依存したり、信用したりすることなく、すべての取引情報を独立して検証することができます。フルノードを実行しているかどうかを判断するのは簡単です。永久保存装置(ハードディスクなど)に、フルブロックチェーンに使用できる20GB以上の容量があるかどうかを確認すればいいのです。もし、多くのディスク容量が必要で、ビットコインネットワークの同期に2~3日かかるようなら、フルノードを使用していることになります。これは、中央集権的な管理から完全に解放されるために支払う代償でもあるのです。

異なるプログラミング言語やソフトウェアアーキテクチャを使用したフルブロックチェーンクライアントは他にも多数ありますが、最も一般的に使用されているのは、「Satoshiクライアント」とも呼ばれるBitcoin Coreクライアントです。ビットコインネットワークの90%以上のノードが、様々なバージョンのBitcoin Coreクライアントを実行しています。前述のように、ノード間で送信されるバージョンメッセージや、getpeerinfoコマンドで得られるsubversionの文字列「Satoshi」、例えば /Satoshi: 0.8.6/ によって識別することが可能です。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。