OneKey ヘルプセンター

ビットコインアドレスとは

KK
KK
  • 更新

ビットコインアドレスは、ビットコインを渡したい人と共有できる数字と文字の羅列です。公開鍵(数字や文字も含む文字列)から生成されるビットコインアドレスは、数字の「1」で始まる。ビットコインのアドレスの一例をご紹介します。

1J7mdg5rbQyUHENYdx39WVWK7fsLpEoXZy

取引では、通常、ビットコインアドレスが受取人として表示されます。ビットコインの取引を小切手に例えると、ビットコインのアドレスが受取人であり、受取人欄に書くことになります。小切手は、銀行口座宛、会社宛、団体宛、あるいは現金小切手とすることができます。小切手は、特定の口座を指定するのではなく、抽象的な名前を受取人として使用するため、かなり柔軟性のある支払手段である。同じように、ビットコインのアドレスも同様の抽象化を用いており、これもビットコインの取引を柔軟にしています。ビットコインアドレスは、公開鍵と秘密鍵のペアの所有者を表すこともできますし、それ以外のものを表すこともできます。では、公開鍵からビットコインアドレスを生成する簡単な例を見てみましょう。

ビットコインアドレスは、公開鍵から一方向暗号ハッシュアルゴリズムで取得することができます。ハッシュアルゴリズムとは、任意の長さの入力を受け取り、指紋またはハッシュを生成する一方向の関数である。ビットコインでは、ビットコインアドレス、スクリプトアドレス、マイニングのためのプルーフオブワークアルゴリズムなど、暗号化ハッシュ関数が広く利用されています。公開鍵からビットコインアドレスを生成するためのアルゴリズムは、SHA(Secure Hash Algorithm)とRIPEMD(RACE Integ rity Primitives Evaluation Message Digest)、特にSHA256とRIPEMD160が使用されています。

公開鍵Kを入力とし、そのSHA256ハッシュを計算し、その結果を用いてRIPEMD160ハッシュを計算すると、以下のように160ビット(20バイト)の長さの数値が得られる。

a = ripemd160(sha256(k))

式中、Kは公開鍵、Aは生成されたビットコインアドレスです。

ヒントビットコインアドレスは公開鍵とは異なります。ビットコインアドレスは、公開鍵から一方向性ハッシュ関数によって生成されます。

ユーザーが通常目にするビットコインアドレスは、「Base58Check」(「Base58とBase58Checkのエンコーディング」の項参照)でエンコードされており、58文字(Base58のBase58Checkエンコーディングは、ビットコインのアドレス、秘密鍵、暗号鍵、スクリプトハッシュなど、ビットコインの他の場所でも使用されており、可読性と正しい入力を向上させるために使用されています。

この記事は役に立ちましたか?

2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。