OneKey ヘルプセンター

ビットコインとは

KK
KK
  • 更新

ビットコイン ビットコインは、分散型、非ユニバーサルな世界共通の暗号デジタル通貨で、ほとんどの国で通貨ではなく仮想商品と見なされています。

ビットコインのコンセプトは、2008年にサトシ・ナカモトが署名した論文から生まれ、2009年1月3日に誕生しました。国境を越えたピアツーピアのネットワークを基盤に、コンセンサス活性型のオープンソースソフトウェアを使って発明されたものであります。

ビットコインは、デジタル通貨のエコシステムの基盤となる概念と技術の集合体です。ビットコインと呼ばれる通貨単位は、ビットコインネットワークの参加者間で価値を保存し、移転するために使用されます。ビットコインのユーザーは、主にインターネット上でビットコインプロトコルを使用して通信しますが、他の伝送ネットワークを使用することもできます。オープンソースソフトウェアとして利用できるビットコインのプロトコルスタックは、ノートパソコンやスマートフォンなど様々なコンピューティングデバイス上で動作させることができ、簡単に技術を利用できるようになっています。

ユーザーは、ビットコインをネットワーク上で移動させ、通常の通貨と同じように、商品の売買、他の人や組織への送金、信用の供与など、あらゆることを簡単に行うことができます。ビットコインは、専用の通貨取引所で売買したり、他の通貨と交換したりすることができます。ビットコインは、高速で安全、かつ地理的な境界がないため、ある意味完璧なインターネットの形態と言えます。

従来の通貨とは異なり、ビットコインは完全にバーチャルなものです。物理的なコインはもちろん、デジタル通貨そのものも存在しない。このコインは、送り手から受け手へ価値を移転する取引に暗黙の了解として存在する。 ビットコインのユーザーは、ビットコインネットワーク内でビットコインの所有権を証明することができる独自の鍵を持っています。この鍵を使って、取引に署名して価値を解除し、新しい所有者に移転して消費することができるのです。鍵は通常、各ユーザーのパソコンやスマートフォンのデジタルウォレットに保存されます。ビットコインを使うには、取引に署名できる鍵を持っていることが前提で、その鍵によって各ユーザーが完全にコントロールできるようになっています。

ビットコインは、分散型ピアツーピアシステムです。そのため、「中央」のサーバーやコントロールポイントは存在しない。ビットコインは、ビットコインの取引を処理する際に、数学的な問題の解決策を競って見つけ出す「マイニング」と呼ばれる作業によって生み出されます。ビットコインネットワークの参加者(すなわち、ビットコインのフルスタックを実行しているデバイスを使用しているすべての人)は、マイナーとして自分のコンピュータの処理能力を使用して、取引を検証し記録することができます。平均して10分ごとに、誰かが過去10分間の取引を検証し、真新しいビットコインを受け取ることができるのです。ビットコインマイニングは、中央銀行の通貨発行・決済機能を分散化し、中央銀行の必要性を代替するものである。

ビットコインのプロトコルには、ネットワーク全体の採掘機能を調整するためのアルゴリズムが組み込まれています。平均すると、その時点で何人の採掘者(と処理能力)が競争していても、採掘者が実行しなければならない処理タスクの難易度は、10分ごとに採掘の成功を保証するように動的に調整されます。また、4年ごとに新規発行されるビットコインの比率を半減し、ビットコインの総発行枚数を2100万枚未満に固定することも合意しています。その結果、ビットコインの流通枚数は容易に予測できる曲線を描き、2140年には2100万枚に達するという。ビットコインの発行率が低下すると、ビットコイン通貨は長期的にはデフレになる。さらに、ビットコインは、予想される発行率を超える新しい通貨を「印刷」することで、インフレにすることはできない。

つまり、ビットコインは、プロトコル、ピアツーピアネットワーク、分散コンピューティングの革新の代名詞でもあるのです。ビットコインという通貨は、まさにこの発明の最初の応用に過ぎないのです。ビットコインは、暗号と分散システムにおける数十年にわたる研究の集大成であり、ユニークで強力な組み合わせとなる4つの主要な革新技術を含んでいます。ビットコインの4つのイノベーションとは、分散型ピアツーピアネットワーク(ビットコインプロトコル)、公開取引台帳(ブロックチェーン)、独立した取引確認と通貨発行のルール(コンセンサスルール)、ブロックチェーンのグローバルな分散型合意を効果的に達成するメカニズム(プルーフ・オブ・ワークアルゴリズム)です。

ビットコイン以前の実用的なデジタル通貨の出現は、暗号技術の発展と密接な関係がある。本当に難しいのは、ビットがモノやサービスと交換可能な価値を表すために使われる場合ですが、それは当たり前のことではありません。デジタルマネーを受け入れる側の根本的な疑問は、次の3点です。

そのお金は偽物ではなく、本物だと信じていいのでしょうか?

デジタルマネーは一度しか使えない(「二重払い」と呼ばれる)ので、信用できるのでしょうか?

そのお金が自分のもので、私のものでないと主張する人がいないことを確認できますか?

紙幣発行会社は、紙や印刷の技術を高度化させることで、常に偽造問題と戦っています。現物貨幣は、同じ紙幣を同時に2ヶ所に置くことができないので、二重支払いの問題を簡単に解決することができます。もちろん、従来のお金もデジタルで保管・伝送されることが多い。この場合、偽造や二重支出の問題は、すべての電子取引を、グローバルな視野で通貨を管理する中央機関を通してクリアすることで対処する。難解なインク技術やホログラフィック・バーコードを利用できないデジタル通貨では、暗号がユーザーの価値に対する権利の正当性を信頼する根拠となるのだ。具体的には、暗号化されたデジタル署名により、ユーザーはデジタル資産またはその資産の所有権を証明する取引に署名することができます。適切なアーキテクチャを用いれば、デジタル署名は二重支出の問題にも対応できる。

1980年代後半に暗号が広く普及し理解され始めると、多くの研究者が暗号を利用してデジタル通貨を構築する実験を始めた。これらの初期のデジタル通貨プロジェクトでは、各国の通貨や貴金属(金など)を裏付けとしたデジタル通貨を発行していました。

これらの初期のデジタル通貨は効果的でしたが、中央集権的であったため、政府やハッカーに対して脆弱でした。初期のデジタル通貨は、伝統的な銀行システムのように、中央集権的な紙幣交換機を使ってすべての取引を定期的に行っていました。残念ながら、ほとんどの場合、これらの新興デジタル通貨は政府の懸念の的となり、最終的には法的存在意義が薄れてしまった。また、親会社が突然清算されることで破綻するケースもある。合法的な政府も犯罪者も、敵対者の介入を避けるために、単一の攻撃を避けるために分散型デジタル通貨を必要としています。ビットコインはそのようなシステムの1つで、設計上分散化されており、攻撃や破損の可能性のある中央の権威や制御点の影響を受けません。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。